トップへ

17−8月度 気まぐれショット

未の気まぐれショット記録
17年度 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月
16年度 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
15年度 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
14年度 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
13年度 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
12年度 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
11年度 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
10年度 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
09年度 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
8/16
早い時期に別地にて撮ってアップしたが、この地では早い時期に
下刈りがされて一時諦めた花でした。
今日覗いたら、数株に小さい花が見られた。

 
コカモメヅル(小鴎鶴)         (新城市)
8/16
湿りっ気のある所に生える多年草。
早い時期に群生して立ち上がって株でしたが、下刈りで出てない
所も有ったが来年はどうなりますか・・・・
開花情報を頂いて帰り道に寄って見たら、意外と多くの株を
見る事が出来た。

 
ハッカ (薄 荷)             (新城市)
8/16
山野に生えるつる性の多年草。
コバノカモメヅルはこの地では蔓は沢山見るも、被写体に良い
花はもう少し先になりそう。
開花情報を得て早速寄って撮って来ました。

 
アズマカモメヅル(東鴎蔓)       (新城市)
8/16
10日前に訪れた時は、まだ咲き出したところで花を選ぶ事も
無く撮って来ましたが、今日はどれにしようかと迷った後撮った
花です。

 キツネノカミソリ(狐の剃刀)       (新城市)
8/16
山野に生える多年草。
昨年は当市北部の山地にて数株見るも、今季は多年草なのに
一株も見る事が出来無かった。
この地へ行けば林道を移動してる時に所々で株が見られて、
訪れる度に覗いてた株で、今日やっと開花が見られた。

 
ハダカホオズキ(裸酸漿)        (新城市)
8/16
日当たりの良い林の縁などで見れるつる性の多年草。
今年は何故か高い位置で穂をつけて咲き出してた。
地中にできるイモのような塊根は小さいが食べられると図鑑に。

 
ホドイモ(塊 芋)         (新城市)
8/16
山地の陰に生える多年草。
秋に分類されてるが、この地では既に沢山の花が咲いてた。

 
マツカゼソウ(松風草)          (新城市)
8/16
↓の10日に撮ってアップしてあるが、今朝見たら黄色が濃くなって
名前の通りになってきてたので再度アップです。

 
 
フウラン黄花 (風 蘭)         (我が家にて)
 (園芸種)         
8/13
先日来ボチボチ開花するのではと気にしてた花です。
今朝覗いた時に蕾が横向きになってたので、午後には開花をと
期待してた。
PM1:00ではまだ蕾のまま、今日は駄目かな?PM4:00に
覗いたら2株に数輪の開花を見て早速撮って見たもの。

 
タヌキマメ (狸 豆)        (我が家にて)
8/13
山地の所々で見かける落葉低木から小高木。
移動中に眼にする木で沢山ぶら下ってるのを確認してるので
覗くも色変わりして爆ぜるのはまだまだ先。

 ツリバナの実 (吊 花)        (新城市)
8/13
熱帯アメリカ原産の帰化植物。
図鑑によると、江戸時代末期に観賞用として渡来して、観賞用と
して渡来したと。 
今では野生化したのが各地で見られる。

 
マルバルコウソウ           (当市東部)

8/13
山野に生えるつる性の多年草。
開花情報で覗いてみたら、既に沢山の開花を見る事が出来た。

 
コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓)      (当市東部)
8/10
山野で普通に見られる落葉低木。
前回訪れた時も花を見るも、撮る気になれなかったが今回は
見栄えが良くなってた。

 
ヤマハギ(山 萩)           (新城市)
8/10
下刈りされてるかもと再度訪れたら、この場所は下刈りされずに
残ってた。 前回の花は朽ちてたが新しく咲き出した花が数輪。
装飾花の無い花から少ない花と咲き出してた。

 
ミカワマツムシソウ(三河松虫草)     (新城市)
8/10
北半球に分布してる帰化植物の多年草。
今季は下刈りが早くからされてて、半分諦め気分でしたが
覗いてみたら僅かに咲いてるのを見つけて撮った物。

 
ヨウシュハッカ               (新城市)
8/18
山地のやや乾燥気味の林の縁などに生える多年草。
早い時期から近くを訪れたら必ず覗いてた野草で、一週間前は
まだ開花が見られなかったが、数株ある内3株に開花が見られた。

 
オオヒキヨモギ(大引蓬)          (新城市)
8/10
一週間前に咲き出した所を撮ってるが、改めて訪れて見れば
撮り難い被写体が多い中、根生葉ともに撮れるの見つけて
撮って来ました。

 シマジタムラソウ            (新城市)
8/10
長い間眼を楽しませてくれたが、蕾も残り数個になり終盤に
なってきました。 
2鉢が重なってるが、次期には株分けをするつもりです。

 
レンゲショウマ(蓮華升麻)       (我が家にて)
8/10
昨年に続いて今季も遅れ気味ながら黄色い花を付けて
くれました。
咲き出しの当初の色は白色ですがこの種の特徴で徐々に黄色が
増してきた。

 
フウラン黄花 (風 蘭)         (我が家にて)
 (園芸種)         
8/9
山地のやや乾いた所によく見る落葉低木。
↓の花を見ての帰りに目に付いた1輪、この地はコウヤボウキが
結構多く目に付いたが、所々で長葉が自生してた。

 
ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒) (相楽の森)
8/9
山地のやや乾いた草地等に生える多年草。
開花情報を得てたので他の草花と共に見に出かけてきました。

 
シラヤマギク(白山菊)        (相楽の森)
8/9
暖地の山野に生える常緑つる性木本。
開花情報を得て寄って見てきました、雌花もと探すも他に
同じ雄花しか見つける事が出来ず。

 
サネカズラの♂(実 葛)        (相楽の森)
8/8
日当たりの良い草地に多くを見る。 
図鑑では多年草と載ってるが、毎年同じ所で見れる事の少ない
植物です。 
たまたまこの地だけは、どうゆう訳か毎年見る事が出来ています。

 
ガガイモ               (当市北部)
8/8
山地に生える常緑低木。
訪れた地にて沢山の蕾を見る事が出来て、よく見れば既に
開花してて、撮りやすい花を探して撮った物です。

 
フユイチゴ(冬 苺)           (当市北部)
8/8
林下に生える事の多い常緑の多年草。
例年見る所ですが、思いの外早く開花を見る事が出来た。

 
ヤブラン(藪 蘭)            (当市東部)
8/8
常緑樹林内に生えるつる性植物。
つる物は嫌われるようで、近くで見られると喜んでいると、次に
訪れた時は下刈りされてて、正直ガッカリ。
伸びた、下刈りと繰り返しているが、何とか見られる位置でやっと
開花した地味な花を見る事ができました。

 
キジョラン(鬼女蘭)          (当市東部)
8/6
前回訪れた時も開花を見る事が出来たが、撮るには遠すぎて
今回やっと近くで見る事が出来たので撮ってきました。

 
ムラサキミミカキグサ(紫耳掻草)   (葦毛湿原)
8/6
↓の2日に1輪の開花を見て、別物を見に行ったついでに
覗いたら2株並んでいるが1輪ずつで2輪の花を見る事が
出来たので撮ってきました。

 クロムヨウラン(黒無葉蘭)    (葦毛湿原周辺)
8/5
山地の木陰に生える多年草。
初めて訪れた林道で数少ない被写体の一つでした。

 
マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)   (新城市)
8/5
日当たりの良い山野に生えるつる性の植物。
先日はセンニンソウの開花を見れたが、次はと思ってた花です。

 ボタンヅル(牡丹蔓)         (新城市)
8/5
2週間前に訪れた時は、開花は1輪も見る事は出来なかった。
全体的にはまだまだこれからで、場所に寄ってはこの様に
数輪の開花が見られるようになった。

 
キツネノカミソリ(狐の剃刀)       (新城市)
8/5
約2週間前に花が付いていたが、既に実がウインナソーセージ
状態になってる姿は思いの外早かった。

 
ツチアケビ果実(土木通)        (新城市)
8/5
今朝、裏の鉢の葉に止まって葉に溜まってる水を飲んでるのか
おとなしくしてた撮って見ました。

 
ヤマトシジミ               (我が家にて)
8/5
自然界の同じ種類も蕾を立ち上げて来てるが、園芸店にて
斑の入りが本来の物に比べ変わってると思い購入したものです。
花茎が大分高く立ち上がって来たので途中で朽ちる事の無い
ように祈るのみ。

 
ミヤマウズラ(深山鶉)         (我が家にて)
 (園芸種)
8/3
湿地などに生える多年草。
これも↓の近くで散策中に見つけた花、緑が殆どの所に
白い花が所々に見られた。

 
オモダカ(面 高)          (新城市)
8/3
↓の散策が終わった後、近場を散策してて見つけた白花。
近くには通常の花が多い中覗いてみれば上部に蕾を残す
良い状態の花が見られたと思う。

 
シロバナノアキノタムラソウ      (新城市)
8/3
日当たりの良い山野に生える落葉低木。
これも見つける度に開花はと覗いてた、↓と同じ地にて多くの
低木が見られて、どれを撮ろうかと迷う程でした。

 
コガンビ(小雁皮)          (新城市)
8/3
先日来追っかけてた花ですが沢山生えてると、これも情報を
頂いて覗いてみたら大群生に正直ビックリ。

今日この地を下刈りされてる方が居られて、一両日に刈られる
運命かも・・・・・

 
イブキボウフウ(伊吹防風)      (新城市)
8/3
山地の日当たりの良い草地に生える2年草。
情報を得て早速訪れてきました、有難い事に移動の車より
直ぐの所に生えていた事。

 
マツムシソウ(新城市)         (新城市)
8/3
蛇紋岩地のやや乾いた所に生える多年草。
先日来何時開花かと近くを通る度に覗いてた花ですが、やっと
咲き出していました。

 
シマジタムラソウ             (新城市)
8/2
山地や丘陵地の林の中に生える多年草。
開花情報で早速寄ってきました、細かい花ですが一輪ずつの
花に魅力を感じてトリミングしました。

 
カノツメソウ(鹿の爪草)       (当市北部)
8/2
常緑樹林下に生える、菌寄生植物で。
湿原で知り合いが山から下りて来て、今綺麗に咲いてるからと
案内してくれた花です。 
以前見たのは6月中旬から咲き出して7月の中旬ごろまでに
見てた花ですが、ここではまだ咲き出した所でした。

 
クロムヨウラン(黒無葉蘭)    (葦毛湿原周辺)
8/2
池や沼の縁などに生える多年草。
以前はここでは見られなかった野草ですが、数年前より
何処かから種子が飛んできたのが芽を吹いたのが見られる。

 
ガマ (蒲)          (葦毛湿原)
8/2
日当たりの良い湿地に生える多年草。
例年通りに咲いたと思われる花には、既に花弁が黄色く
枯れた状態になってた。 

 
サギソウ (鷺 草)        (葦毛湿原)
8/2
湿地に生える多年草。
早い時期に木道より離れた所で数輪の開花を見てるが
手持ちのカメラでは太刀打ちできず撮れなかった。

 
ミズギク(水 菊)        (葦毛湿原)